外壁塗装で外からキラーン~Houseの問題に駆けつけ隊~

不動産

納得できる発注のために

見積り時のポイント

指を指す女性

外壁塗装とは、壁や屋根・塀などの材質表面に塗料を施し、風雨や紫外線から保護することです。それは同時に色彩を与えることでもあります。外壁塗装は5〜10年のペースで、再塗装が必要といわれています。愛知で外壁塗装を業者に発注する際には、押さえておきたいポイントが2つあります。まず業者の選定は、必ず複数業者の見積もりを取ることが必要です。これは相場を把握するためのもので、極端に高かったり低かったりする業者を排除します。そして見積もりの内訳を比較して、妥当性を検討して決定します。次に作業内容は、どんな細かいことでも見積書に記載してもらうことです。口約束や相手にお任せでは、作業終了後に塗り残し箇所などで、もめることがあるからです。

塗料の種類による違い

愛知の外壁塗装業者の選択において、大手と中小では費用のかけかたが違うことを知っておくと、見積書がよく理解できます。例えば大手は広告宣伝費をかける必要があるため、諸費用にその分が上乗せされていることがあります。また近年は塗料の種類が多様化しているため、違いを知ることでよりニーズに合った外壁塗装が可能になります。一般的にはアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッソ塗料があり、あとのものほどグレードと価格が高くなります。従来は比較的廉価な、アクリルやウレタン塗料が主流でした。しかし現在は愛知でも、耐久性が優れたシリコンやフッソ塗装を勧める業者が増えています。また愛知の海沿い地域では、塩分の影響を考慮して、業者の意見を聞くほうがベターです。